Currently browsing category

공지 사항

메일 매거진의 주소가 바뀝니다

平成29年9月15日より、ホームページとメールマガジンのアドレスが変更されることになりました。 それに伴い、メールマガジンをご購読いただいている方で、現在お持ちの携帯電話等にて、受信設定をされている方は、変更をお願いいたします。(「」内の部分をご登録ください。) ドメイン指定受信の方 「r.kusacchi.com」 個別メール受信設定の方 「mail@r.kusacchi.com」 ホームページのアドレスは「www.kusacchi.com/」となります。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

헤이세이 29 년 6 월 정례 의회 일반 질문 했습니다

平成29年 6月定例会にて一般質問を行います。 ぜひ傍聴または、インターネット中継等でごらんください。 6月19日(월) 15時~ 磐田市役所6F 本会議場にて 1.人口の変化と対応策 (1)本市の人口ビジョンについて ①本市の人口の推移について以下伺う。 ・昭和60年、平成17年、平成27年の年少人口、生産年齢人口、老年人口とその比率。 ・人口ビジョンで示している2020年、2040年、2060年における目標出生率と出生数。またそれぞれの年別、年少人口、生産年齢人口、老年人口とその比率。 ②今後の人口の変化による本市への影響を伺う。またその変化に対応できる市民を増やすため、どのように市民に伝えていくか考えを伺う。 (2)若い世代が家族を増やしたくなる取組みに向けて ①子育ての経済的負担が大きくなっていることについて、見解を伺う。 ②本市の公立小学校、中学校で保護者が支払う子どもの学習費の詳細と見解を伺う。 ③保育園、幼稚園の第2子、第3子の保育料軽減について、現状の取り組みと今後の方向性を伺う。 ④保育園の待機児童の現状、また特に0歳児、1歳児の年度途中の状況と対応策を伺う。 ⑤多子世帯への経済的支援や子育てサポート支援について考えを伺う。 ⑥「こども保険」が話題となっているが、当提案の概念に対する市長の見解を伺う。 ⑦内閣府では、「子ども・子育て本部」を設置し、多方面の少子化対策に力を入れているが、本市としても若い世代が家族を増やしたくなり、自然と出生率、出生数が向上するための体制づくりや、今、必要な施策や課題について見解を伺う。 (3)シニア世代が、活き活きと活動できる地域づくり

동영상을 업로드 하 고 있습니다

後援会拡大活動も、サポートくださる皆様のおかげで、順調に推移しています。本当にありがとうございます。 動画をアップさせていただきました。これまでアップした動画のURLをすべて貼り付けておきますので、ぜひご覧ください。 草地ひろあき 所信表明 https://www.youtube.com/watch?v=v9a5wdqqU4o&list=UU9TaGCWCH8EcnaQ3-Y7FBaw&index=7 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田①次代を担う子どもたちが元気に成長できる磐田 https://www.youtube.com/watch?v=kwwBtwpmy3Y&t=1s 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田② 若者が元気よく活動できる磐田 https://www.youtube.com/watch?v=pwZf_cssHfc&t=2s 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田③ 子育てを誰もが楽しめる磐田 https://www.youtube.com/watch?v=6YMngXKLRJs 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田④ 年を重ねることをみんなで喜べる磐田 https://www.youtube.com/watch?v=x8bOR8NKtw4 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田⑤ 災害に強い安全な磐田 https://www.youtube.com/watch?v=0DTdkjw9QTE 草地ひろあきの描く7つの元気な磐田⑥ 市民がスポーツを通じて健康で元気な磐田 https://www.youtube.com/watch?v=PvDs-V0Qnss

총 화끈한 대회를 열었습니다.

3月12日、後援会の総決起大会を開かせていただきました。 大勢の支援してくださる方々に、自分の思いを伝えさせていただきました。 政治家はついつい、自分の選挙のときだけ市民にウケのいいことを言ってしまいがちですが、若い僕だからこそ、短期的な視点ではなく長期的な視点に立った政治、まちづくりをしたいということを伝えました。今が良ければいいという政治は、未来にとってはよくない政治になりかねないことを肝に銘じながら、未来を見据えた政治の判断をし続けられる、「誠実」「愛情」「正義」を兼ね備えた議員へ成長したいと思います。 後援会事務所も移動し、磐田市上大之郷405(旧新鮮市場)に設けました。 ぜひお近くへお越しの際は、お立ち寄りください。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

「 후원회의 책갈피 」 수 있습니다

「後援会のしおり」最新版が出来上がりました。 一人でも多くの市民へ、活動を知っていただきたい、後援会に入っていただきたく拡大活動を続けています。 自分の政治への想いやこれからやりたいこと、4年間やってきたことのすべてをこのしおりに詰め込みました。 見てみたいと言う方いましたら、郵送もさせていただきますので、メール(mail@kusacchi.com)や電話(07056493932)をぜひよろしくお願いいたします。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

시정 보고서 VOL11 게시 했습니다

今回の内容は以下の内容です。 ・ごあいさつ ・特集「知ったらもっと好きになる!磐田の小話」 ・トピックス①2016年 10大ニュース ・トピックス②11月定例会より 地域づくり協議会の想いや課題 ・トピックス③11月定例会より 支えあいの仕組みづくり ・トピックス④今年で定年、いよいよ最後のいわたゆきまつりです。 ・子育て奮闘だより その他 詳しくは情報BOXページでご欄下さい。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

시정 보고서 VOL10를 발행 했습니다

今回の内容は以下の内容です。 ・ごあいさつ ・特集「介護保険制度」を解説!! ・トピックス①9月定例会一般質問「本を活用した人づくり」 ・トピックス②9月定例会一般質問「スポーツを活かしたまちづくり」 ・議会トリビア「磐田市議会だより大幅リニューアル」 ・子育て奮闘だより その他 詳しくは情報BOXページでご欄下さい。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

平成28年9月定例会一般質問を行いました

平成28年 9月定例会にて一般質問を行います。 ぜひ傍聴または、インターネット中継等でごらんください。 9月16日(금) 12時~ 磐田市役所6F 本会議場にて 1.「本」を活用した人づくり (1)幼児期の読書の推進について ①保護者への読書推進の取組について、現状と課題を伺う。 ②幼稚園や保育園の園文庫の現状と課題を伺う。 ③子育て支援センターや小児科等、子供たちの集まる場所への文庫の設置状況や今後を伺う。 (2)小中学生の読書の推進について ①学校図書館の現状と課題、学校司書の配置状況を伺う。また本の廃棄や補充の現状について伺う。 ②学校図書館と市立図書館との連携の現状と課題を伺う。 ③外国人児童向けや帰国児童へのサービスの現状と課題を伺う。 ④交流センターや放課後児童クラブの図書の状況と課題や市立図書館との連携を伺う。 (3)高校生の読書の推進について ①高校生の図書館利用推進の取組の現状と課題、また高校図書館と市立図書館の連携を伺う。 ②天平のまちの学習支援センター内の図書コーナーのこれからについて考えを伺う。 (4)市立図書館の利用促進について ①静岡産業大学など地域の図書館や他市町の図書館との連携を伺う。

후원회 소식지 헤이세이 28 년 시정 보고 여름 호 vol.9 호를 발행 했습니다.

今回の内容は以下の内容です。 ・ごあいさつ ・特集「待機児童問題」を解説!! ・トピックス①JR磐田新駅起工式と駅前広場オープン ・トピックス②遠州灘を盛り上げる「渚の交流館」がオープン ・トピックス③熊本地震を受け、6月定例会では防災対策が活発でした ・トピックス④第二次総合計画策定中 ・議会トリビア「出張旅費、磐田市議会は大丈夫??」 ・イクメン奮闘だより その他 詳しくは情報BOXページでご欄下さい。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

2 월 정례 의회 일반 질문 합니다

平成28年 2月定例会にて一般質問を行います。 ぜひ傍聴または、インターネット中継等でごらんください。 3月8日(불) 10時~ 磐田市役所6F 本会議場にて 1.磐田市の人口変化に対する考え方 (1)「磐田市人口ビジョン」について ①人口ビジョンに対する市長としての率直な思いを伺う。 ②「ふじのくに少子化突破戦略の羅針盤」についての見解を伺う。 ③本市の考える人口対策への推進組織体制を伺う。また、近隣市町との連携についても伺う。 ④人口ビジョンに対する若手職員の反応を伺う。また今後、若手職員をどのように育成していくべきか、所見を伺う。 ⑤人口ビジョンに対する市民の反応と、それに対する見解を伺う。 ⑥人口ビジョンだけでなく、将来の見通しを市内の若者、特に平成生まれの若者たちに伝える方法や、共に考え行動してもらうための取り組みを伺う。また、ヤング草莽塾の経験者、成人式の実行委員等に、継続して地域に関わってもらうことに対する見解や、「(仮称)地域若者会議」の実施についての見解を伺う。 (2)次時代を生きていく子供たちへの教育について ①「人口ビジョン」を受け、改めて子どもたちにはどんな若者に成長してもらうことを期待するか伺う。 ②教職員に対して、「人口ビジョン」をどのように伝え、現場で活かしてもらうか考えを伺う。 ③義務教育後も成長の過程を追いかけていくサポート体制についての見解を伺う。 ④磐田の教育で成長した若者たちに、教育の効果や成果の評価、さらには教育へのアドバイスをしてもらえる仕組みは作れないものか伺う。 2.情報化社会への対応 ①情報化社会に対応していくにあたり、本市が取り組んできたことの現状と課題、今後の取り組みを伺う。