ブログ
活動報告

最新のお知らせ


2022年3月13日 : 【3.11、磐田市は家庭防災の日でした】
【3.11、磐田市は家庭防災の日でした】



磐田市と自治会連合会は3月11日を「家庭防災の日」として自助の意識を高める啓発をする日としています。

chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/viewer.html?pdfurl=https%3A%2F%2Fwww.city.iwata.shizuoka.jp%2F_res%2Fprojects%2Fdefault_project%2F_page_%2F001%2F008%2F972%2F040222.pdf%3Ffbclid%3DIwAR0OluCbi08ssMDtIo70z1RfDcuvcNX90A-BmRIM04476HK7C8frw9JB0tQ&clen=2881567&chunk=true

我が家の備蓄食料をチェックしたら、賞味期限が間近に。
さっそくローリングストックで、補助しながら食べてみることとします。家庭防災の日、点検の価値がありました。

週末は「Fukushima50」「太陽の蓋」の2つの福島原発事故に関わる映画を観て、我が街ごとに置き換えながら、対策を考えました。
想いを風化させず、先憂後楽で命を守るための防災減災対策、進めていきます。




2022年3月8日 : 【見守りネットワークに感謝です】【磐田市内でこんな全国大会も】
見守りネットワークに感謝です】





遠鉄ストアの移動スーパー「見付号」出発式、そして、あわせて磐田市見守りネットワーク事業の協定締結を行いました。
この移動式スーパーは個別訪問での販売も行い、買い物に困っている方の支援と見守り活動を行なってくださいます。
また今日は、感謝状の贈呈も行いました。

今年の1月、新聞配達員の山田さんが新聞配達の際、助けを求める声に対応し、ご高齢の一人暮らし女性の命の危機を未然に防いでくださいました。
平成22年から新聞販売組合と協定を結んでいますが、こうした取り組みに感謝です。

ひとりひとりに寄り添い支えていく事業者、市民がいること、誇りに思います。
こうした安心が広がる事業者の取り組みに感謝ですし、さらなる支援の輪を広げていきたいと思います。ご関心ある方はぜひご連絡ください。


【磐田市内でこんな全国大会も】





「全日本タンブリング・ダブルミニトランポリン競技年齢別選手権大会」です。
コロナ禍でなければ、市民の皆さんにご観戦いただきたかった大迫力の競技です。
静岡産業大学が体操やトランポリンにも力を入れてくださるおかげで、磐田のスポーツ資源は多様です。



ちなみに日本トップクラスの選手たちも、練習してくれています。
先日トランポリン部の杉浦正隆監督、海野大透さん、又吉健斗さん、練習生の杉浦夢菜さんが世界大会の報告をしにきてくださいました。

海野選手は団体男子で銀メダル獲得。それぞれオリンピックや世界大会でのメダル獲得へ期待しています。
この多様なスポーツ資源を活かすために、プラットフォームづくり、すすめていきます。
2022年3月8日 : 【2月定例会と新型コロナの近況】
【2月定例会と新型コロナの近況】

2月定例会の一般質問、そして令和4年度予算の本会議での質疑がおわり、ようやく少し落ち着きました。

予算は「安心」をど真ん中に置いて、子ども、子育て世代、高齢者も働き盛り世代も含めて、市役所も市民も、
そして個人と団体、企業そして個人同士も相互に信頼を築ける関係性のよい地域になるように、想いを込めました。

「心」いわゆる精神的な物差しでの豊かさに近づけるよう、仕組みを整えていきます。
議会中でまた質疑や討論、採決がありますので、区切りがつきましたら、またご報告いたします。



新型コロナ関連は、まん防が21日まで延長となりました。磐田市はここのところ若干の右肩上がりですが、状況は大きく変わっていません。
磐田市多くないか?と問われます。多いとは思いますが、やはり人口が県内5番目ということもあり、目立つのもあると思います。
いまさら人数の他市との比較は意味ありませんが、写真をつけておきます。



卒業式も来賓を招かない、保護者も一人だけというところが多く、卒園式も遠足や旅行も含め、最後の思い出づくりにも影響がでています。
子どもたちへ早く日常を取り戻したい、最近はそのことばかり考えています。

よくやく学級閉鎖も落ち着いてきました。子どもたちや保護者のご協力にも感謝です。

2022年2月27日 : 【ダイバーシティ虹色ガイドブックが完成】【スポーツで魅力のあるまちづくりを】
【ダイバーシティ虹色ガイドブックが完成】



2月定例記者会見でお伝えしましたが、性の多様性に関する手引きである「ダイバーシティ虹色ガイドブック」を完成させ、市役所各所の窓口に、レインボーフラッグを掲げています。
県がパートナーシップ制度を導入しますので、その連携をすることはもちろんですが、性別記載欄の廃止や、多機能トイレの充実、小中学校の制服の多様性尊重などをすすめていきます。

すべての職員が理解者である「アライ」になるよう、基礎知識も研修しています。3月には市民向けに講座も開催していきます。段階的に市民や企業にも理解が進むよう、市役所から始めていきます。


【スポーツで魅力のあるまちづくりを】



スポーツのまちNo.1記念シンポジウム「どうする磐田市 第1弾スポーツ×まちづくり」 のアーカイブ動画をアップしています。

改めて、磐田市の持つスポーツ資源のポテンシャル、可能性を感じる時間となりました。

ご提案のありましたプラットフォームづくりからスタートです。
週末は静岡ダービー残念でした。シーズンは始まったばかり!

レヴズは勝利、こちらもここからです!スポーツのまち、盛り上げていきましょう!


https://m.youtube.com/watch?v=j0Fm4Zkr77s


2022年2月27日 : 【ロシア・ウクライナ情勢】
【ロシア・ウクライナ情勢】

ウクライナへのロシア特別軍事作戦の報道より、ニュースに釘付けとなる、心が落ち着かない週末を過ごしました。
ロシアが極めて周到な準備をした上での軍事侵攻です。
後世から見れば、21世紀の世界地図を描くのに、重大な局面の可能性すらある歴史的な出来事です。

今後世界はどうなるのか、世界中を巻き込むことにつながらないよう、各国間での落とし所により、一日でも早い終結を祈るばかりです。
世界中がロシアを非難している状況が報道されていますが、国連安保理では、非難決議案が否決されています。

ロシアは拒否権発動でしたが、棄権した中国、インド、UAEの動向も注視です。
そもそもNATOの枠組みに入れない、入りたくない国があることも理解できるわけで、世界は単純ではありません。
そして国連の機能の限界が明確になったことで、このあとの世界秩序の再構築が求められる中、国家間の綱引きは、すでに相当力が入っているとみています。

まずはロシアはそもそもNATOとの間に緩衝地帯を求めていたようですから、緩衝という言葉がキーワードだと思っています。
そして外交上の緩衝になる役割をどの国が行うのか。

個人的には、冷戦の時のように西側、東側という二項対立でない軸で、新たな軸を見出した中での対話の細い糸口を探り、早く落とし所が見つかることで、平和を願う双方の国民に、平穏が戻りますように願うばかりです。

一方、気になる情報は、国際送金システムSWIFTからロシアの排除を欧米で合意し、日本も対応する方向を示していること。
経済制裁によるダメージ、孤立させることの怖さを日本は理解しているはずです。新たな軸の対話の道をどこに残しているのか、新たな情報を待っています。
磐田市が直接どうこうすることはないまでも、この後の経済の動きに、影響がでることは予想できます。平和な状態であることが、なにより大切であると感じる、令和4年2月末です。


2022年2月22日 : 【どうする磐田市 第1弾 スポーツ×まちづくり】【小児ワクチンのご案内】
【どうする磐田市 第1弾 スポーツ×まちづくり】



https://www.city.iwata.shizuoka.jp/event/sports/1010380.html?fbclid=IwAR1zF087ZM7CxHzbyS7mETQ9k8ZPCr2T2K-_OgtzR5wHGq5DeBDmW-0uHAA

スポーツのまちNO.1記念のシンポジウムを明日2月23日13時から開きます。
基調講演「地域資産を活かしたまちづくりのカタチ」飯倉清太さんのお話もワクワクします。
トークセッション「スポーツで魅力あるまちづくりを目指して」 は、下記の豪華メンバー。

・静岡ブルーレヴズ 山谷拓志社長
・静岡ブルーレヴズ 五郎丸歩CRO
・ジュビロ磐田 大石隆夫 育成部部長
・ジュビロ磐田 岡田隆 氏(元選手)
・静岡産業大学 高橋和子 スポーツ科学部 学部長

スポーツ資源の豊富な磐田市、これまでもなにができるかの可能性を個々には話してきましたが、一同に会するのは初めてです。

オンラインでも配信しますので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=j0Fm4Zkr77s

【小児ワクチンのご案内】
今日から小児へのワクチン接種、まずは基礎疾患等がある方を対象に案内を始めています。接種は任意です。「効果と副反応」の項目にあるように、メリットとデメリットをご確認の上、判断をよろしくお願いします。

https://www.city.iwata.shizuoka.jp/shigikai/honkaigi/teireikai_rinjikai/1010445.html?fbclid=IwAR0W2_IbDHOkeq1EYDQjJaqwlKL8kMoL8Z8ui0jFy7GHakgScf-nBhKZAMQ

2022年2月22日 : 【2月定例会が始まっています】【広報いわた2月号】
【2月定例会が始まっています】

2月定例会がはじまり、令和四年度の施政方針を発表、予算案を提出しました。
新型コロナの影響による経済対策は今年度の補正予算で提案しています。
一般質問は14人、3月1日からで、日々答弁のため、政策の方向性を職員と擦り合わせています。

今議会から、議員はタブレットの持ち込みが認められて、議場の雰囲気が変わりました。
最初に導入を決めてから約5年、ルール作りや導入の効果など、仕組みを作りきった議員のみなさんに、感謝と敬意を表します。議案もこうしてデータ化され、誰もが見れるようになりました。

開かれた、わかりやすく関わりやすい市政になるように、議会とともに進めていきます。

https://www.city.iwata.shizuoka.jp/shigikai/honkaigi/teireikai_rinjikai/1010445.html?fbclid=IwAR0W2_IbDHOkeq1EYDQjJaqwlKL8kMoL8Z8ui0jFy7GHakgScf-nBhKZAMQ


【広報いわた2月号】



今月号の広報いわたを配布しています。

今回は「ヤマハ発動機ジュビロ」から生まれ変わった「静岡ブルーレヴズ」の特集や、循環型社会づくりへむけた「530(ごみゼロ)を目指そう」など盛り沢山の内容です。

ららぽーと内の情報館や、市内の一部スーパーやコンビニでも配布しています。ご覧ください。

https://youtu.be/f-tGnTnnC0g

2022年2月9日 : 【令和4年度当初予算の発表】
【令和4年度当初予算の発表】



本日、記者会見をいたしました。2月18日からはじまる議会にて予算審議していただき、可否が決まります。

はじめての予算編成であり、所信表明を85%近く盛り込めました。

「安心の土づくり、未来への種まき予算」として、市民の笑顔や幸せへの種まきはできました。

https://www.city.iwata.shizuoka.jp/shiseijouhou/kouhou_kouchou/teireikishakaiken/1010476.html?fbclid=IwAR3P3os3A1GUawPwSirziV-onPBxrNqyUvaNwnU4NDO17tjNgBYGsCwu7jg

総合計画との連動、財政の意識と公共施設の先手の対応、外部からの新しい風を吹かせたいことや学びの場づくり「磐田ここからラボ」、

そして相談できる機能の充実などのポイントと、各種事業のことが資料に掲載されています。ご覧ください。

組織の改編についても、本日発表しました。機動的に動く組織へ向けての第一歩です。

chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/viewer.html?pdfurl=https%3A%2F%2Fwww.city.iwata.shizuoka.jp%2F_res%2Fprojects%2Fdefault_project%2F_page_%2F001%2F010%2F476%2F02093sanko.pdf%3Ffbclid%3DIwAR024-Gc13Xw353-vDdkAf9YNuiqBI-CkAnGY_dCBWO3Yc4j3-BcM-wJM5M&clen=148553&chunk=true

2022年2月9日 : 【コロナワクチンの接種券が届かない】【花粉症の季節】
【コロナワクチンの接種券が届かない】

こんな声を聞きました。写真のスケジュールで発送しています。

7月下旬から8月にかけて接種された65歳以上の方へは本日発送し、15日までにはお手元に届く手配をしています。ご理解よろしくお願いします。

また自宅療養者への支援も拡充していますので、ご確認ください。



https://www.city.iwata.shizuoka.jp/bousai_anzen/kansenshou/1007876/1010374/1010378.html?fbclid=IwAR0vKd7-PdnmmBiLNaMktjNAtJ4nT4Iw89JcAikpcwlc62kMXQxP_IXt2co

【花粉症の季節】



花粉症のひどい私にとって、頭の痛い時期がやってきます。本日、20年以上、薬をもらいに通っている耳鼻科へ。今年は花粉の量が多い可能性があるとのことです。たくさん薬をもらってきましたので、皆さんの前で鼻水流さないよう、予防に努めますね。

2022年2月2日 : 【自宅療養者への支援について】【天竜川水系節水のお願い】【嬉しいニュース】
【自宅療養者への支援について】


陽性者が増えていますので先週と変わりませんが、発信しておきます。

保健所等で連絡がつかず、健康状態が把握できない方を対象に、市の保健師等が県に代わり居宅を訪問し、安否確認を行います。

また希望者に在宅注文できるカタログもお届けしています。

保健所に市職員の保健師も派遣して対応していますので、こうしたところも県と連携して進めています。

https://www.city.iwata.shizuoka.jp/bousai_anzen/kansenshou/1007876/1010374/1010378.html?fbclid=IwAR1d3KKcOXHyg2Tv8CWxNb_9G3xuMyGO9tzRRGxQJrX8pEwQd-2AUVkbZx0


【天竜川水系節水のお願い】



天竜川水系では、10月以降の少雨に加え、ダムの法定点検により、ダム貯水量が減少を続けています。

磐田市では節水対策のお知らせを発信しています。

上水道10%、工業用水20%、農業用水20%となっています。

水をいつもより少し、大切に使っていただきますようお願いいたします。

【嬉しいニュース】

先週末は伊藤美誠選手が全日本選手権で、ダブルスシングルスともに優勝、

ラグビー静岡ブルーレヴズはシーズン開幕ホストゲームを勝利で飾り、

嬉しいスポーツニュースに笑顔をもらえました。

今日はEXILEのAKIRAさんに第一子誕生のニュース。

磐田市出身、同い年で横の中学校、そしてサッカー部だったので、親近感を勝手にもっています。

とっても嬉しいニュースでした。おめでとうございました!