トイレトラックが能登半島の穴水町へ派遣







昨日、トイレトラックが能登半島の穴水町にむけて出発しました。

アルファ化米350食、パン缶詰192食、サランラップや紙皿、スプーンなど、載せれるものを積み13日までの日程で一陣が向かいました。

本日朝から被災地で活動していると報告をうけています。

また昨日は支援対策会議も開き、被災者への市営住宅の提供についてなど確認しました。

そして緊急消防援助隊は四次隊を本日派遣、三次隊は明日の朝方、帰庁予定です。被災地では市民はもちろんですが、被災自治体の職員のみなさんも気力体力ともにめいいっぱいだと推察します。

少しでも力になれれば。
ボランティアをしたいという声もとどきますが、ボランティアを受け入れるにも被災自治体はエネルギーを使います。

まだ多くの自治体がボランティアセンターを立ち上げられていません。

現在の状況は「全社協 全国ボランティア・市民活動振興センターによる、被災地支援・災害ボランティア活動の情報提供ページ」にまとまっています。

ぜひご覧ください。

https://www.saigaivc.com/202401notojishin-houoku4/


?Gg[???ubN}[N??