メッセージ


草地ひろあき公園スナップ
日本一「安心できるまち」を目指して!
声を

 少子高齢化にのぞむど真ん中の世代として
私はまもなく40歳。子どもを育てるど真ん中 の世代として、これから高齢になる親を支える ど真ん中の世代として「子育ての孤立化を防ぐ」 「在宅介護や医療の仕組みづくり」「交通弱者 対策」「障がい者の就労支援」など、明日は我が身に置き換えながらセーフティネットづくりに 力を入れてきました。

 大事な事は「安心できる」こと
新型コロナ以降「安心」を求める切実 な声が私のもとに次々と届いています。 元気なまちに必要不可欠な「健康づくり」 「文化活動」「経済活動」などは、安心 できる環境が整っていてこそだと、多く の人が声を上げ始めているのです。

 あなたの声から未来の磐田を
安心できる環境を作り続けるためには、様々な世代や 立場からの多くの「声」が必要です。。暮らしかたや働きかたは一人ひとり異なります。良いことも不満に感じる ことも人それぞれ。私が考えているだけでは気付けない 課題がたくさんあります。今感じていることを「声」に して聞かせてください。そんな皆さんの声は、必ず、政策づくりへ反映させていただきます。あなたの声を 届けてください。 お待ちしております。
例えばこんな声
■子供たち
私たちが磐田をもっと 好きになれる授業や 地域のイベントを やってほしい。
■高齢者
免許返納すると車が 運転できない。 買い物や病院通いが 不便になりそう。
■子育て世代
身内が近くにいなくて 孤育て真っ最中。身近に 気軽な相談できる場があれば。
■働く世代
家と職場の往復が生活 の中心。毎日の生活が ワクワクする居場所がほしい。

届けて下さい